カニ汁の作り方と人気の具を紹介

カニ汁というと高価な感じがしますが、この時期スーパーなどで安価で手に入るのがワタリガニです。
ガザミなどとも呼ばれ種類も豊富です。
初夏から夏にかけて漁獲量が増え、夏から秋にかけてメスの内子ができますので美味しいです。
まるごと売っている場合もありますが、カットしてあるほうがお手軽ですのでそちらを利用しましょう。
おいしくて手軽なカニ汁の作り方を紹介します。
カニから美味しい出汁が出ますし、具からも出汁が出ますので特に出汁をひく必要はありません。
あえて言えば昆布などは相性が良いでしょう。
人気のある具は里芋や茸、麩やなすやお揚げなど色々あります。
豆腐も人気のある具だと思いますが、カニが固いので煮ている間に当たって崩れやすいので、どうしても豆腐感が欲しければ厚揚げをお薦めします。
まず里芋を先に下茹でしてぬめりを取っておきます。
その他の具を食べやすい大きさに切っておきます。
人気があるカニ汁ですが実は作り方はとても簡単です。
切った具を固い物順に大きめな鍋に入れてカニと一緒に煮て最後に味噌で味付けすれば出来上がりです。
酒粕などを入れても美味しく体も温まるので寒い時期には良い作り方です。
殻が付いてて食べにくいという事もありますが、つかんでしゃぶりつくのもワイルドで美味しい食べ方です。

 

 

毛ガニのカニ汁のレシピは甘味を活かす

 

美味しい毛ガニのカニ汁を作る際のレシピは、どれだけ素材の風味を活かせるかが重要なので、顆粒出汁などを入れすぎないように注意をしましょう。
元々から風味の薄い和風顆粒出汁を入れる際にも、少々入れる程度でも十分に美味しい味わいにできるので、少しずつ顆粒出汁を足すようにしてください。
しかし毛ガニと相性が良い味噌の場合は、そこまで風味の邪魔になる事を気にせずに、少し味が濃くなるぐらいまで味噌を足しても大丈夫です。
塩味が濃い方が好みだという人は、顆粒出汁ではなく味噌の量を調節する事によって、丁度良い塩味になるように調節しましょう。
葱をカニ汁の中に入れるレシピにしたい人は、葱の青い部分だけでなく、白い部分をじっくりと煮込むようにしてください。
白葱の甘味がカニ汁の風味と合いますし、毛ガニと白葱が味噌の甘味と合わさる事によって最高の味わいを作り出してくれます。
なるべく大きくカットした白葱の方が、白葱を噛んだ時に葱の甘味が口の中に広がりやすくなっておすすめです。
季節の野菜を活用するレシピとして、キノコや豆腐などを一緒に入れても良いので、人によっては葱を入れるのではなく、豆腐を大量に入れるという人もいます。
豆腐とカニの風味も相性が良いので、大量に入れてしまっても問題ありません。

 

 

低カロリーで高タンパクなカニ汁のおいしい食べ方とは?

 

収穫の秋です。
新米をはじめ、旬を迎える栗やキノコ、サンマがたくさん売り場に並ぶ時期です。
それに寒くなってくると、美味しいカニが食べたくなりますね。
「そんな話は止めて。食欲の秋なんて、とんでもない」という方も、いらっしゃるかもしれません。
実は、ダイエット中のあなたにこそ、低カロリーで高タンパクな食材のカニをお勧めしたいのです。
カニには、医療業界でも注目のキトサンという成分が含まれていて、体内のコレステロールや有害物質を体の外へ排出する働きがあるのです。
つまり、カニを食べるだけで、肥満予防とデトックスや、免疫力アップの効果が期待できるのです。
今日は、そんなダイエットにピッタリの食材を使ったカニ料理の中でも、特にお薦めの食べ方のカニ汁を紹介します。
カニ汁は、簡単に言えば、カニを使った味噌汁です。
カニの出汁がたっぷり出たお汁はとても美味しく、ただでさえ低カロリーな上に、ごく少量でも大変満足度が高くなるのです。
具に、カニと同じ低カロリーのキノコを加えると更に良いでしょう。
初めて殻付きのカニがどんっと入ったカニ汁を見た方は、食べ方に迷うかもしれません。
実は、カニ汁の食べ方のポイントは一つだけです。
「冷めないよう、先にお汁を飲む」と覚えてください。
後からゆっくり殻を剥いてカニを食べてくださいね。

 

 

参考サイトについて

カニ汁を楽しむためには、何はともあれカニを調達することが大切です。
でも、近くにスーパーなどがないとなかなか仕入れることも難しいかと思います。
そういう場合は、通販サイトを利用しましょう。カニ通販についてのサイトはいっぱいありますので、そのうちでおすすめのものを掲載しておきます。

 

参考サイト:かに本舗の評判

 

 

かに本舗(蟹本舗)通販のカニとおせちが、最安値で買える公式サイト!(スカイネットのカニ本舗通販)を紹介しています!カニ通販なら、誰に聞いてもナンバー1の通販サイトです。